MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

西洋シャクナゲは来月かな

4月下旬は、久安寺に咲く和シャクナゲの花を見ながら、「西洋シャクナゲは来月かな」と、少し先の5月の姿を思い浮べていました。シャクナゲには日本石楠花(シャクナゲ)と西洋シャクナゲとがあります。その見分け方は、葉の裏を見ると分るでしょうか。裏側に細かい毛が生えているほうが和になります。
そんな和シャクナゲを見ていると、その花のつき方というか、集まって花がまとまって見える感じが、何だかブーケのようにも思えるなとか、上手に摘み取れば「あじさいうかべ」のように浮べることもできそうできっとキレイだろうなとか、そんなことを思ってもいました。

また、西洋シャクナゲのように5月に咲く花としてアヤメがありますが、ひと足早く咲く一初が咲いて、凛とした姿を見せてくれました。雨に濡れた一初、何とうつくしいことか。
正岡子規の「いちはつの 花咲きいでて 我目には 今年ばかりの 春ゆかんとす」を思い浮べたり。
既に多種多様の彩りが見える久安寺ですが、これからますます盛んになりますから、月例体験や参拝やお散歩ついでにお立ち寄りいただき、ぜひ眺めていってください。

振り返れば4月もたくさんの方々にお越しいただきましたね。
最後の月例、不動明王の御縁日、護摩祈祷にご参加いただいた皆さまにも心より感謝です。