MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

2021年6月30日

NHK大阪の「ニュースほっと関西」

皆さん、住職がチラッと出演したNHK大阪の「ニュースほっと関西」はご覧になられましたか(笑い)?
実は、6月の最終日のこと、久安寺のあじさいうかべの様子をテレビ局が取材に来たんです。アジサイを具足池へと運ぶところから、そっと水面に浮かべていくまでの様子をカメラの前で披露しました。
具足池のアジサイは、毎朝3分の1ずつを入れ換えながら、それを最終日まで続けていくのですが、浮かべ始めが少量だったのと逆に、今度は浮かべ納めに向かうにつれて、アジサイの数が増えていきますよ。
このアジサイたちは、会いに来てくれたお一人お一人に何かを感じてもらうことで、無事に役目を終え、そして枯れていきます。

また、参道に咲くアジサイの中には、幸運をもたらすハート形のアジサイが、毎年どこかに一つは咲いてくれているので、ぜひ見つけてあげてください。
「今年は、受付から入った北10メートルの辺りにありましたよ」と、こっそり。
そして、久安寺は花の寺なので、アジサイのほかにも沙羅、睡蓮、菩提樹、ホタルブクロがかわいい花を咲かせています。6月の見どころとして、とってもおすすめです。

最後に、関西花の寺霊場巡礼の団体さまをはじめ、お越しいただいた皆さん、ゆずりあう心を持ってあじさいうかべを楽しんでいただきありがとうございました。7月もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年6月15日

あじさいうかべ

一日一日、久安寺のアジサイが5分咲きから7分咲きへ、そして8分咲きから満開になり、6月半ばには具足池いっぱいのあじさいうかべになりました。ここに至るまでは、天候が晴天過ぎて「雨が欲しくてたまらないよ」なんて、勝手にあじさいの声を代弁してみたくなったり(笑い)、雨が降ったかと思えば、今度は雷プラス豪雨だったりで、夜中にすごかったですよね。

あじさいうかべは、皆さん、本当にとても楽しみに待っていてくれているようで、土日には臨時駐車場もいっぱいでしたね。「密を避けて、ゆずりあう気持ちを持って」。誰もが楽しむために、皆さんの協力と優しさに感謝です。

さて、前に柏葉紫陽花を上げたことがありましたが、ひとえにアジサイと言ってもいろいろな品種があるんですよね。一般的によく見かけるのは西洋アジサイとか、ガクアジサイでしょうか。久安寺にも咲きますが、ほかには、渦紫陽花(別名:お多福紫陽花)や墨田の花火(七段花)だったりと。
そんなアジサイの上で、とある日にカタツムリが、まったりと休憩されているところを発見。アジサイとカタツムリというと、アジサイの葉には毒があるからカタツムリは乗るわけがない!とか、いいや、乗っているよ!なんて意見が二極化するとか?
うーん。久安寺のカタツムリの場合、花の上に乗っていたわけで。これは一体どっちに一票を投じるべきなのだろうか?...なんて(笑い)。

2021年6月10日

アジサイの開花

6月上旬は、久安寺定例の写仏の会、写経の会がありました。ご参加いただいた皆さん、感謝です。真言禅の会は中止でしたが、次の開催時には、ぜひご参加お待ちしています。
また、アジサイの開花が進み始め、今年のあじさいうかべは10日からのスタートでした。最初は、まだ全体的な咲き具合が5分咲きだったりで、どうしても浮かべる数は少ないですね。それでも、具足池にアジサイがちょこんと浮かんでいれば、「ああ、美しいな」と心を持っていかれました。

アジサイの花が開き切り、見頃を迎えた頃に摘み取り、水に浮かべる「あじさいうかべ」。奇麗なだけじゃなく、涼しさも感じ、最早、初夏の風物詩でしょうか。
夏に食べる水ようかん、水まんじゅう、そこにあじさいうかべも...「水あじさい」として夏の3種に加えてみたり(笑い)。

そして、この時期はアジサイ以外にも夏椿が魅力的でおすすめです。地蔵堂、仏塔付近に咲く3本の夏椿(別名:沙羅)。一つひとつは、咲きはじめから咲き終わりまで、たった1日なので、一日花と呼ばれています。散るときには、椿のように花首からぽとりとそのままの形で落ちていく...。
たった1日の命でも、懸命に咲いて、そして終えていく姿は、美しくも儚いですよね。

2021年6月 4日

先陣を切ってくれたのが柏葉紫陽花


6月と言えば、いよいよアジサイの季節ですが、初旬は、アジサイの見頃が「今か、今か」と待ち遠しいときでした。そんな中で、先陣を切ってくれたのが柏葉紫陽花です。よく見かけるアジサイとはちょっと違い、柏の葉っぱみたいな形に咲くのが名前の由来とか。
私としては、柏の葉よりも、春に咲くあの花と似ているような...と感じたり。花を摘んで振ったのなら、今にも「しゃららん」と聞こえてきそうな、まるで神楽鈴を連想させる「ムスカリ」を大きくしたような、そんな感じに思えましたね。色は白と青紫で違うのですが。

また、初旬の久安寺は、境内に君が代蘭・金糸梅(キンシバイ)・蕺(ドクダミ)・山萩(ヤマハギ)が奇麗で、楼門付近では花菖蒲が可憐で、地蔵堂付近には沙羅が咲き始める。そんな花模様でした。
花を見ていると、ついつい何かを連想してしまう癖があり(笑い)、蕺の花を眺めていると、どことなく山法師と似ているような...なんて思ってしまいましたね。白い花の真ん中から、ぽっこりとしている辺りが似ていません?
ちなみに、蕺の花言葉は「野生」とか。生命力がとても強く、ちょっとやそっとじゃへこたれず、すくすくと成長するという、何とも逞しい性格の持ち主ですね。ぜひ見習いたい!

2021年5月30日

胎蔵曼荼羅の相をもつ霊園

5月下旬のこと、今年もモリアオガエルの卵塊が産み付けられているのを発見!すべて池の上です。モリアオガエルは大阪府の準絶滅危惧種に指定されているので、うまく孵ってほしいですね。ちなみに、雌が泡の中に産卵し、雄が集まってきて受精。約10日後に孵化し、オタマジャクシの子が雨を待ち、泡とともに池に落下するという生態です。
そして、この頃2回目の具足池掃除も行ったのですが、大師の岩の下からも生命との遭遇が。ドンコとカニの子供たちを見つけました。大師さまと一緒に過ごし、どんな話をしていたのでしょうか?
何はともあれ、久安寺が植物だけでなく生き物たちにとって過ごしやすい場所になっていたのならうれしいですね。
これからの時期は、紫陽花やハスが咲くのが楽しみですが、その前にはサツキや睡蓮やブラシノキが見頃を迎えます。胎蔵曼荼羅の相をもつ霊園に浮かびあがるように咲くサツキ、ハスを出迎えるように朱雀池にて先に待つ睡蓮、「儚い恋」という花言葉を持ったブラシノキ。
当山には入れ替わりながら、重なりながらさまざまな花が咲いて皆さまをお待ちしております。
今年も早くも折り返し地点まで来ました。そろそろ疲れがどっと出る頃でしょうか。心を頑張らせすぎず、時には休息を取りに、いつでも久安寺まで癒されに来てください。

2021年5月17日

雨に濡れた山法師

5月半ば、当山にて雨に濡れた山法師の姿在り...なんて。そんな言葉にしてみると、何だか「5月のとある雨の日に、法師さまが修行の道すがら、久安寺にて雨宿りをしている」そんな情景が浮かんだりしませんか?実はこれは、久安寺に咲く山法師(ヤマボウシ)の花が雨に濡れていた日の風景を伝えようと思っただけなのですが(笑い)。山法師の名は、真ん中に球形の部分があり、そこが法師さまの頭に見立てられ、周りの白くひらひらした部分が法師さまの頭巾を連想させるから付いたとか。
さて、その山法師は梅雨頃から咲き始めると聞きます。なので、もう梅雨入り?まさかな。まだ早いよなと思っていたら、今年の梅雨入りは平年よりもすごく早かったみたいですね。ちょうど山法師に意識が向いた日と梅雨入りが重なっていたのでびっくりしました。
梅雨の晴れ間に日に照らされるカルミア、箱根空木(ハコネウツギ)が綺麗で癒されたり、大雨警報の発令下で懸命に生える境内のきのこ達からは逞しさを感じたり、植物たちからいろいろと心を揺さぶられたり。
その中のカルミアですが、くるりとひっくり返すと傘のような形をした花びらが特徴的です。そして、花言葉は大きな希望とか。どんな世の中であっても希望を持って、それを育ませたいですね。

2021年5月11日

お掃除日和

5月は真言禅の会は残念ながら中止でしたが、写経の会、写仏の会、文化財公開といったほかの月例行事は無事に行いました。15日は阿弥陀さまの御縁日でもありましたね。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
コロナがあり、時には開催できない物もありますが、開催するに当たっては写経を行うスペースを広く設けるなど対策をしっかり取っているので、初めての方も常連さんも気軽に参加くださいね。
また、当山には四国八十八ヶ所霊場のお砂ふみ、実際のお砂をお祀りしている「弥勒山めぐり」の巡拝コースがございます。参拝や行事のついでに健康増進、カラダと信仰を温めてみるといったセットで楽しむ久安寺もおすすめです。1周1km。御影堂のとなりから出発して、大体40分くらいでしょうか。
ただ、その際に一つだけご注意を。「火気厳禁」だけはくれぐれも。
また、5月の前半には具足池の掃除もせっせとしていました。岩の上の大師像をきれいに。そしてオオカナダモを取り除いたり。底に生息していたフナなどは別の池にお引越しです。
天気が良い日に決行したのですが、空が晴れるとお掃除日和だけでなく花もより映えますよね。真っ白なオオデマリや濃いピンク色のセイヨウシャクナゲや黄菖蒲だったり。
そんな中で、花が開く前のセイヨウシャクナゲの蕾が何だかドラゴンフルーツのように見えてしまったのは...内緒です(笑い)。

2021年5月 3日

あじさいうかべ

そろそろ今年も紫陽花(アジサイ)の季節が近づいてきたかな。なんて思っていたちょうど5月初旬のこと、当山の「あじさいうかべ」の様子を朝日新聞社が、購読者向けに毎月発行している小冊子・スタイルアサヒ6月号の表紙にしてくださるという、うれしい出来事がありました。感謝です。
久安寺ではすっかり花が開ききり見頃を迎えた紫陽花を摘み取り、具足池に浮かべる恒例行事があります。その時期を楽しみにしてくださる方も多く、私も既に待ち遠しく思っています。今年も紫陽花が健やかに育ってくれるといいですね。
また、この頃は今年最初のジャーマンアイリスを二輪見つけました。そして、このジャーマンアイリス、何と別名ではレインボーフラワーとも呼ばれているんですって。境内に咲いた紫や黄色以外にもさまざまな色の花を多種咲かせることで、「まるで虹のようだね」と例えられているとか。
花言葉は情熱なのですが、別名を知ったら、どちらかというと虹のように幸せをもたらしてくれるような気がしてきたり...。花言葉で表わすとしたら、そのまま「ハッピー」みたいな(笑い)。
さて、皆さんはジャーマンアイリスからどんな心を感じるでしょうか?

2021年4月26日

カタツムリも境内を散策

5月も近づけば、イチハツに、ボタンに、ヒラドツツジにと、春の久安寺は花を追いかけるのに大忙しです。なんて、ちょっとだけ絵本風に書き始めてみたり(笑)。
ちなみにイチハツは、アヤメの中で一番最初に咲くことから「一初」と言うとか。花言葉は「付き合い上手」らしいのですが、その理由が分からず気になっています。一番目に咲くから、先輩アヤメとして後輩アヤメたちに色々な知恵を教えてあげられるから付き合いやすくなるとか...?うーん、何でしょうね。もし知っている方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。

そして、この前のカタツムリに続いて、近頃、人ではないものたちが当山に散策へいらっしゃっています。まずは参道中央の栂の木の下にて、かぶとむしくん。そして、「The monkey came to the temple.」となぜか英語で言ってみましたが、「お猿がお寺にやってきた!」です(笑い)。どちらかと言うと、散策よりもご参拝だったかな?さらに、バン字池にはカモのつがいが来ていて、こちらは散策デートでしょうね。彼らをほっこりとしながら眺め、幸せを感じるひとときでした。

4月は真言禅の会にはじまり、月例最後の不動護摩祈祷まで無事に開けました。皆様に感謝です。

2021年4月23日

ヤマブキの花

「七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞかなしき」 『後拾遺集』兼明親王

ずっと昔から春の季語として愛されてきたヤマブキの花。久安寺の参道にもヤエヤマブキが生えていますよ。「ヤマブキには実がなり、ヤエヤマブキには実がならぬそうな」とも知られるとおり、山吹色の花を咲かせるところは同じでも花のつき方が違います。ヤマブキは平たい花びらの中央に実がなっていて、ヤエヤマブキは花びらが幾重にもなってボリューミーな感じですかね。地面から細長い茎が生え、先が枝垂れているところに花がポンポンとついていて、ヤマブキが持つ「気品」の花言葉によりぴったりな気がします。自然に土から生えて花がありのままに咲いているだけなのに、そこがまるで生け花の作品かのように見えてしまって(笑い)。
最近は、カメラを持って久安寺の花々を楽しんでくれる方が多いのですが、春はゴージャスなヤエヤマブキもおすすめですよ?

また、参拝に来られるのは人だけでなく...と言っても怖い話ではなく、たしか月例の文化財公開の前日だったか、カタツムリが境内散策されているところを見かけました。「一切衆生悉有仏性」一切衆生、悉く仏性有りと『涅槃経』にありますね。すべてのいのちは美しいものです。そっと見守らせていただきました。

翌日の阿弥陀さまの縁日、文化財公開日のご参拝ありがとうございました。