MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

花まつり

4月の上旬から半ばにかけてはいろいろな行事がありました。
まず、8日は「花まつり」の日でした。遡ること約2500年前、今のネパール王国、当時はルンビニーと呼ばれていた小さな村で生まれたおしゃかさま。その記念すべき生誕の日をお祝いします。「すべてのいのちは美しい」ですね。
甘茶をおしゃかさまに注いでから拝み、めがね菓子を持ち帰っていただく。当日は9時から16時まで開放していましたが、お越しいただいた方々、また、久安寺に直接来られなくても心の中でおしゃかさまを思い、手を合わせてくださった皆さまに幸あらんことを。

その翌々日には毎年恒例の関西花の寺25ヵ所霊場会 第23回 花法要が開催され、京丹後市の如意寺に出仕してまいりました。桜、空、海、仏。お天気良く、最高の一日でしたよ。そして、また翌々日には久安寺にてモミジを久安寺奉賛会の皆さんと植え付けいたしました。5本のモミジと共に、私たちも日々少しずつ育っていきたいですね。育つというと子供ばかりに当てはまるようにも思えますが、心の成長というのは年齢を問わず育ったり後退したりするものだと思いますよ。

さらに14日は月例の文化財公開もありましたが、その日に阿字庭にて見た大師さまが桃色椿といい感じに寄り添っていて、思わずパシャリと写真を撮ってしまいました。
皆さまも、久安寺に来たときには花々とのひとときを楽しんで行ってくださいね。