MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

具足池前に咲くヤマハギ

夏から秋にかけて咲き、秋の七草の一つとして知られるヤマハギを眺めながら「9月も、もう終わりか」、なんてそんなことを思いながら訪れた10月のはじまり。
久安寺の具足池前に咲くヤマハギですが、その花言葉は「思案」。今年も大分終わりに近づいてきたからか、ヤマハギに誘われて、何だか物思いにふけってしまったのでしょうか。

また、久安寺の裏庭には、今から20年前ぐらいでしょうか、先代が植えたバナナの木があるのですが、それを眺めていると「風格」という言葉を持つだけのことがあり、大きな葉っぱを立派につけている姿からは、頼もしさや逞しさを感じるばかりでした。
ちなみに、バナナの木は、たくさんの黄色い実を房でつけることから縁起がいいと言われたりもしますよ。

さて、10月の初旬には真言禅の会、写経の会、写仏の会と3つの月例行事がありました。
ご参加いただいた皆さん、どうもありがとうございました。8日に行った真言禅の会では定例のもののほか、ご予約をいただいたグループでの会もあり、お久しぶりの面々とのうれしい時間も過ごさせていただきましたね。
定例の日は予約不要ですが、修行体験などのグループでの予約は2人以上から随時受け付けているので、ぜひ気軽にお問い合わせください。ご都合の良い日時で検討させていただきます。

11EjFVeR7UwAIl-yj.jpg