MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

2020年3月30日

久安寺に春の装い

3月の下旬ともなれば、ますます、桃色や黄色や淡い色といった春の花が広がり、久安寺に春の装いをこらしてくれていました。虚空園の山側には白木蓮(ハクモクレン)が空に向かって花を開かせていて、朝に見上げると光り輝いているようで、より一層美しい光景でした。

よく、仏さまの台座には蓮(ハス)の花が描かれますが、ハクモクレンの花びらの付き方や開き方からも、どこか蓮を連想させるようなところがあります。「高潔な心(私利私欲のなさ。立派)」という言葉を持つこの花からは、まるで木の上から菩薩さまに見守っていただいているように感じ、その凛と咲く姿からは、背中を正される気持ちにもなりますね。

また、阿字庭には椿(ツバキ)の花が姿を見せはじめました。「慎み深くも美しい」という言葉のとおり、弘法太師の像の周りに、少しずつ春の鮮やかさを添えてくれています。椿は、これからますます開花を迎える時期です。

弘法太師の後ろでは、火難防止、盗難防止のご利益のある愛宕将軍地蔵さまも見守ってくださっています。
どうか、この世の中に、ご利益が行き渡りますように。

ブログ一覧へ戻る≫