MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

仏の花"蓮"の見納め

8月半ばから下旬にかけては、施餓鬼法要、地蔵盆、地鎮祭、月例・不動護摩供などがありました。また、朱雀池にて6月末に最初の一輪が咲き、お盆まで次々と咲きながら、私たちに清く美しく逞しいお姿を見せてくれた蓮も、いよいよ見納めに。
蕾の姿は未敷蓮華、綻び始めた姿を初割蓮華、満開の姿を開敷蓮華。その寿命は、約4日。開いては閉じ、開いては閉じ、だんだんと閉じが弱くなり、最後には開いたまま花びらが、ひらりひらりと散りゆく。
泥の中で育ちながら、ピシッとした姿を表しきれいな色を咲かせる。そして、仏の花のとも知られる蓮。
今年はたくさん開花してくれましたね。来年も、また久安寺にて元気なお顔を見せてくれますように。

8月18日の施餓鬼法要、24日の地蔵盆縁日。その前日には、20時から地蔵堂にて御法楽を行ったり。そして、久安寺地蔵堂、町内の各おじぞうさま、不死王閣さんの鮎供養など町内6ヶ所の巡拝を。お地蔵さまの前で手を合わせて唱えるときは「オンカカカ ビサンマエイソワカ」ですね。各お地蔵さまの前での御法楽に向けては、檀信徒総代さんにセッティングのお手伝いをしていただきました。

さらに28日の不動明王のご縁日、本堂での護摩供養を無事に行い、8月の行事を全て終えるに至りました。これもひとえに皆さま方のおかげです。
改めまして、ご協力、ご参加いただき本当にありがとうございました。

仏塔の中のカブトムシさん

振り返れば、8月も半ばに差しかかった頃、二十四節気、七十二候では「立秋〜涼風至(すずかぜいたる)」に当たるわけですから、何だか涼しい風がそっと吹き始めてきたような……というのは、ただの願望で、涼しくなど全くなっておらない暑さ続きの日々なのでありました(笑い)。
そんな猛暑のいつぞや、久安寺の仏塔の中でカブトムシさんがひっくり返られて、ぴくぴくと弱っているところを見つけたのです。そんなカブトムシさんを「これは大変だ!」と即座に救出いたしましたが、私たち人間だけじゃなく、虫たちにとっても夏は過酷なものなのですね…。

今回は、そんな生き物つながりでもう一つ。前に、絶滅危惧種指定のモリアオガエルが今年も久安寺にて無事に産卵を迎えたことをお話ししたのを覚えているでしょうか。その後もすくすくと元気に成長をして、気持ちよさそうに泳いでいるのですが、何とお色が緑色ではなくて、硯のような黒色になられていたのです。
「これは、もしかして何かの病気か…」と少し心配もしたのですが、どうやらモリアオガエルをはじめ、カエルは体色が変色するらしく、黒色の子もいるのだと。聞くところによれば、保護色がどうのこうのという話なのですが、生態の仕組みというのはとても不思議なものですね。

何はともあれ、生きとし生けるもの、一分一秒でも長生きをしてほしいと思うばかり。
人も、植物も、虫たちも皆等しく。

七日盆からの盂蘭盆会

8月は、お盆の時期でありました。ご先祖さまを迎えたり、感謝をしたり。その意味ではお彼岸もありますが、お盆はまた特別な時と言える気がします。
久安寺でも、まず上旬に七日盆をはじめ盂蘭盆会(お盆)を行いました。七日盆は、最初の盆行事や、お盆を迎える前にお墓のお掃除をするなどといった準備を行う日とされています。町内の方々のところにて七日盆墓前回向をさせていただき、その後の盂蘭盆会では仏塔供養者の方々を中心に行いました。
汗が滝のように流れ出る暑さでしたが、そのような中、ご参加、ご参列いただいた皆々さまに心より感謝です。

さて、七日盆や盂蘭盆会を迎える少し前のこと、なぜかウバユリにすーっと引き寄せられた日がありました。
花言葉は威厳。ウバユリは、花を咲かせる頃には葉がおちてしまうことから、葉(歯)がない姥(ウバ)の姿を連想する、なんて由来でその名を付けられたとか。葉=歯だなんて、ちょっとシャレじみている和名に対し、英名では「ハートリーフリリー」という可愛らしい名前が付けられていたり。葉っぱの形に由来しているんですって。

そんなウバユリをまじまじと見ながら、葉っぱが無い感じが、何だか軽いやフワリというようなイメージとつながるなと思えて。だったら、それらを表すLightとLily(ユリ)をくっつけて「ライトリリー」と呼ぶのはどうだろうか?なんて少し考えてしまったという、今夏の思い出なのでした(笑い)。

巨大キノコのオニフスベ発見!

8月初旬、とっくに夏は到来していたものの、なお一層、ジリリとした暑さが強まった気がしておりました。
日がさんさんとしているときは、用がないとあまり外に出るのも気が進みませんが、タイミングを見計らって時おり境内を散策。すると、久安寺の仏塔横にて視界に飛び込んできたのは、……ぼっくり。
ぼっくりと聞くと松ぼっくりかと思うところですが、杉ぼっくりのほうでありました。

ヒマラヤスギに生る杉ぼっくり、それは丸くて卵のように見えたり。時には、少し遠巻きから見ると小鳥が木の上にちょこんと並んでいるように見えたりもして、何だか愛着がわいてなりません。

また、とある日には巨大キノコのオニフスベを発見!そのときに測った限りでは直径14センチ。オニフスベは、一夜にして発生すると言われるほどの物すごい成長率だとか。
昨日はそこに無かったはずなのに、翌日になったら、ボンッと土の中から突然現れるなんて、びっくりですよね。

8月は、定例の真言禅、写経、写仏、文化財公開の無い月でしたが、皆さまオニフスベとはお会いになられたでしょうか?
不思議であり神秘的でもあるその球体、オニフスベからはとてつもない生命力を感じるばかり。7月から9月に稀に現れるパワースポットならぬパワーキノコからは、きっと活力をもらえます。

オニフスベの前で手を合わせ、『皆様にも、どうか元気のおすそ分けを』と…

蓮の生命力

7月も下旬に近づくと、久安寺の境内北側、朱雀池には毎日蓮の花が見えるようになっていました。シオカラトンボも、その様子を見に来られていたり。
蓮は、大きな花びらに包まれている真ん中が、お釈迦さまが腰掛ける台座と似ていることから、仏の花としても知られています。
例年どおりなら、大体お盆過ぎまで次々と毎日咲いてくれるのですが、今年は開花が早かったので8月を前に、徐々に終わりの気配を感じつつ…。

蓮の咲き具合は、蕾の姿を未敷蓮華(みぶれんげ)、綻び始めた姿を初割蓮華(しょかつれんげ)、満開の姿を開敷蓮華(かいふれんげ)と表します。
どの姿も美しいですが、蓮の根は泥の中にありながら、真っすぐと茎を空に向かって伸ばしていき、やがて水面にけがれなき鮮やかな大輪を咲かせるという、その生命の在り方が清らかで、何と美しいことか。
凛々しいというか、神々しいというのか、眺めていると背中を正されるような心地にさせられます。

ぜひ夏の久安寺を参拝いただいた際には、朱雀池に立ち寄っていただき、その蓮の生命力を肌で感じていただけたらと思います。

皆様、7月も月例体験や文化財公開、不動護摩祈祷をはじめ、久安寺に足を運んでいただいたことに感謝、感謝です。

「賢者」との異名を持つ鬼百合

以前、ツユクサの花が蛍のように思えること、柏葉紫陽花が神楽鈴に似ていること、アガパンサスが夏の花火を連想させるといった、そんな話をしたことを覚えているでしょうか。

さて、7月中旬のとある日のこと、種を作らずに養分のかたまりのムカゴで繁殖をする「賢者」との異名を持つ鬼百合が、それはそれは存在感を見せておりました。
鬼百合は、何とも独特な風貌をしています。花びらが上向きにくるりと巻かれていて、どことなくヒガンバナを彷彿するところもありますが、下向きの部位が何だか何本もの足や触手のように見えるような。今が夏だからか、だんだんと海の生物たち、タコやクラゲなんかが、ゆらりふわふわと頭の中に漂いだしてきたのです。
「タコユリ、いやクラゲユリのほうが可愛らしいか。うん、クラゲユリと呼ぼう」と、そんなことを思ったり。
皆様、このたび仲間入りをした鬼百合ことクラゲユリのことを、以後お見知りおきを。なんて(笑い)

夏は、暑さや、最近ではゲリラ豪雨みたいな空模様も多く、精神的にまいってしまうこともあります。
クラゲには、ぼんやりと眺めているだけでも「ストレスを和らげる癒やし効果がある」と聞きます。
また、それは木々や花々といった植物にも通じるものがあります。
久安寺にお越しいただいたときには、クラゲユリ然り、久安寺の植物たちをゆっくりと眺めていかれてください。

皆様の心が、少しでも穏やかになりますように。

恋の訪れアガパンサス

花の寺こと久安寺には毎月いろいろな花が咲きます。7月が旬の花、その一つがアガパンサスでしょうか。
久安寺の一角にも薄紫色のアガパンサスが咲いてくれますよ。その姿は何だか涼し気に見えて、じりじりとした夏の暑さから、少し癒やしてくれるような気がします。

ちなみに、花言葉は「恋の訪れ」だそうですよ。聞くところによれば、ギリシャ語で愛を「アガペー」と言い、花を「アンサス」と呼ぶそうで、それが語源になっているんですって。
愛の花だなんて素敵だな。ロマンチックな花じゃないか。なんて、そんなことを思いながら眺めていたときのこと。そのアガパンサスの姿がだんだんと「あれ?何だか花火のようにも見えてきたぞ」と、夏の風物詩の連想をさせてくれたのです。

あじさいの品種、墨田の花火が空に咲く大輪を想像させるように、アガパンサスの花咲く姿からも似たような心地にさせられました。

良いですね、花火花(ハナビバナ)。
夏に咲いて、まるでその季節を姿に表すなんて風流じゃないですか。

ぜひぜひ久安寺のアガパンサスことハナビバナを、来年、再来年、これから先の夏の楽しみの花として、その一つに混ぜていただけたら嬉しいです。

今年のあじさいうかべ

7月初旬、「今年のあじさいうかべも、残り3日か…」と、少ししんみりしながら新たな月への移り変わりを感じておりました。心なしか、あじさいうかべの終了間近になった頃、あじさいが水分を含んでしっとりしだしたような…。
もしかすると、あじさい達も皆様との今年の別れを惜しんで、じんわりと目頭が熱くなっていたのかもしれません。

あじさい切り絵の御朱印も同日が最終日でしたが、多くの方にお渡しできました。
日々の生活の中で、例えばちょっと疲れたなと感じたとき、癒されたいなと心の声が聞こえたときには、ぜひあじさい切り絵を眺め、久安寺のあじさいを少しでも思い出していただけたのなら……

「紫陽花」の花言葉には、団らんや和気あいあいという言葉があるそうです。この言葉とあじさいを思い浮かべれば、何だか具足池の前で目にした皆様の姿が目に浮かびます。とても心あたたかなひとときでしたね。
来年もまた、たくさんの人がここで集い、幸せなひとときを共に過ごせるように願っています。

改めまして、あじさいうかべを見に久安寺にご参拝いただいた皆々様に、ありがたやありがたや。

7月予定

7月3日まで1ヶ月限定「あじさい切り絵御朱印」
7月3日まで「あじさいうかべ」

明日の朝、どうぞ!
7月3日8時〜9時 真言禅の会

今年の「あじさいうかべ」は16日からのスタート

6月半ば過ぎ、今年の「あじさいうかべ」は16日からのスタートでした。花が開ききった紫陽花の花を摘み取って、「お疲れ様。きれいに咲いてくれてありがとう」と感謝を込め、具足池に浮かべていく。
そんな紫陽花の姿を皆さん待ちわびてくれていて、この時期はいつもに増して久安寺が賑やかです。遠方九州からの関西花の寺巡拝の団体さまをはじめ、参拝に訪れてくださった全ての方々に、ありがたやありがたや。

久安寺の境内、三十三所堂前、あじさい小道に咲く柏葉紫陽花や墨田の花火、お多福紫陽花に額紫陽花。そして紫や白や青やピンクと色とりどり。また、その色のグラデーションも多種で本当に鮮やかな景色が広がります。
その中で、時々ハート型に咲いているものを見つけたり、花が4株連なってまるで四つ葉のクローバーを連想させるような咲き方をしていたり、何とカタツムリの赤ちゃんが紛れているところを発見したり。そういった小さな発見と遭遇すると、一気に幸せな気持ちになってしまいますね。

一点だけを見ていると気づかず通り過ぎてしまうかもしれないけれど、ちょっとだけ視野を広げてみると、もしかしたらそこに幸せが隠れているかもしれない。大きな幸せばかりでなく、ささやかな幸せというのも大切にしていきたいものですね。
そして、久安寺がそんなちょっとした幸せを橋渡しできる場であったのなら幸いです。