MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

八葉蓮華

ある9月のこと、久安寺仏塔内の八葉蓮華(はちよう れんげ)を見ながら、つい少し前まで咲いていた夏のハスの姿を思い出していました。朱雀池に凛と咲いていたハスの花。その花びらが広がると、真ん中には仏さまが腰かける蓮華座がある。
前に、きのことお釈迦さまの話をしましたが、夏にはハスの咲くところ、そして木の上に咲く蓮と言われるモクレンが咲く頃は、そこにて仏さまが私たちを見守ってくれているような気がいたします。

それら以外の季節は、八葉蓮華に腰をおろしていたり、あじさいうかべの時には具足池まで足を運ばれて、それを眺めながら「おや。紫陽花も、どことなく螺髪に見えません?」なんて(笑い)、少しユーモアを織り交ぜて微笑まれながら、皆さまの心を楽しく軽やかにしてくれているかもしれません。
そんなふうに、心の中にはいつでも…。

さて、9月も月例行事として、まず前半には真言禅の会、写経、写仏の会を無事に行いました。ご参加いただき感謝です。真言禅の会は毎月第一日曜日の朝8時から始まり、食事(ご飯とお味噌汁)とセットで行われます。初めての方も、何度目の方も大歓迎です。
また、久安寺オリジナルのなぞり写仏用紙として、本尊 千手観音、国重文 阿弥陀如来、市重文 薬師如来、仏塔 涅槃仏の4種類がございます。お持ち帰り用に受付でお求めできますので、ぜひ。