MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

本尊千手観世音菩薩の縁日

12月も半ばになると、久安寺の景色もうっすらと雪化粧をまといました。大師さまの傘や、仏塔がうっすら白く施されたのは、確か17日頃だったでしょうか?翌日が本尊千手観世音菩薩の縁日だったと記憶しています。
千手観音菩薩は1,000の手と、その手のひらには眼を持っていて、現世で生きている私たちが苦しみや過ちといった難儀の道へ行ってしまいそうになったときに、手を差し伸べ、眼では圧して、救い出してくれるといいます。多くの人々に情けをかけてくれる、広い心を持っている菩薩さまです。縁日では、しっかりと千手法を修しましたよ。

また、その頃には檀信徒総代の方々にしめ縄を編んで、5ヶ所お飾りしていただきました。毎年、感謝です。
そのほか久安寺の鰐口の打木を調節、新調をして、年の瀬に向けて準備を進めていく中で、「いろいろあったけれども、今年も過ぎていくのだな」と、残り僅かな今年に思いを馳せ、もうすぐやって来る翌年を思い浮かべたり、だんだんと心が年末色に塗り替えられていったものでした。

令和2年の月例行事後半として、文化財公開の日、そして不動護摩祈祷に参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

Epkdw85UYAAc1sA.jpg