MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

2020年4月 2日

穏やかな春色

4月の初旬は、久安寺の花々が一気に目を覚まし、穏やかな春色に包まれました。
その中でも、虚空園に咲く枝垂れ桜の姿が何ともいえない綺麗さで。朝や昼間に見ると春爛漫を感じるばかりですが、夜はまた一風違うのです。漆黒に映える枝垂れ桜の姿は、まるで夏の花火の一つにある「しだれ柳」かのよう。

しだれ柳というのは、夏の夜空にバーンと大きく咲き広がったあとに下へと垂れていく美しい花火なのですが、枝垂れ桜を見ていると同じような風流を感じるものでした。

花火を打ち上げる由来には「祈り・鎮める」という思いがあるようですが、それを新型コロナウイルス感染症が蔓延している今と、枝垂れ桜に重ねたのなら、世の中の安寧を祈ってしまうばかり。
本来なら、せっかくのお花見日和のこの時期。多くの皆さまに久安寺に来ていただき、穏やかなひととときを過ごしてもらいたかったのですが、流行り病の影響というのは甚大なもので、叶わなかったのがとても残念です。

月例行事として4月5日に予定をしていた「真言禅の会」も、情勢を鑑みて中止とさせていただきました。




ブログ一覧へ戻る≫