MENU

Blog

久安寺ブログ

New Blog最新ブログ

2019年11月25日

まだまだ秋の世界が広がっております

11月も後わずかとなり、この時期を表す言葉は「霜秋の侯(そうしゅうのこう)」というものにございます。秋から冬へと季節が変わりゆく今日この頃を指すのですが、久安寺のイチョウは昨年より10日ほどゆっくりと黄葉(こうよう)を迎えたこともあり、他の木々たちの紅葉も合わせ、まだまだ秋の世界が広がっております。

イチョウというのは中国から日本へ仏教とともに渡ってきたといわれておりますが、私たち人類が数百万年の歴史をもつのに対して、数億年も前から地球上に在るといいます。イチョウの歴史を表す「長寿」のほか、亡くなった者たちを見守り、御霊をしずめる「鎮魂」といった花言葉もございます。すでに多くの皆さまに愛でていただいておりますが、「仏の木・神木」ともいわれるイチョウとともに、今しばらく紅葉を楽しんでいただけますと幸いです。

さて、久安寺の近況としましては、11月21日~22日にかけて和歌山、高槻、池田市から4団体さまが参拝および体験へとお出でくださいました。23日の「もみじ茶会」、文化財の拝覧、茶席、法話の場でも多くの出会いがございました。また24日には七五三の御祈願へ2家族さま。26日には池田くれはロータリークラブ様が参拝に足を運んでくださいました。この場をお借りして、皆々さまに心より感謝を申し上げます。

ブログ一覧へ戻る≫