MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

紫陽花の開花

青葉の候となり、カシワバアジサイを皮切りに、今年も紫陽花の開花が始まっております。
紫陽花は、牡丹と並んで久安寺を代表する花でありますが、見事に咲いてみせようと、毎日少しずつ成長をしておりました。満開まで、今しばらくお待ちくださいませ。
その他、江戸系・花菖蒲、ブラシバナ、ハコネウツギ、ユキノシタを楽しめる時期でもあり、隣県の三重県・普門寺から参られました御一行さまを、お出迎えしておりました。
061.jpg
さて、今月の久安寺では「瞑想と朝粥の会」など、体験の場を多く設けております。
府内の高石市・念通寺から参られました団体さまは「写経の会」へと、ご参加くださいました。

写経という行いは、仏の言葉が込められている経典を書き写していくものでございます。僧侶の修行のひとつと認識されておりますが、皆さまの心を晴れやかにするための「道しるべ」や、支えともなるものと思っております。筆をとり、仏の教えと真っ直ぐに向き合うことで、奥底に眠る悩ましい心へと寄り添ってくださることもあれば、ときには心の荒波をも鎮めてくださります。

人が人と共存し生きていく世の中では、精神が乱れてしまうことは誰もがありましょう。そのときは、決して1人きりで抱えてしまわずに、久安寺へとお立ち寄りくださいませ。
写経だけでなく、仏の下に長く住んでいる花々もまた、皆さまにパワーをお送りしたいとお待ちしておりますゆえ。