MENU

久安寺ブログ

Blog

New Blog最新ブログ

青葉まつり

6月半ばの久安寺では、つい先日、弘法大師空海・お大師さまの誕生を祝う「青葉まつり」を開かせていただきました。宝物殿の開放日でもあり、多くの方にご参拝いだけましたことを感謝しております。
京都府から足をお運びくださいました高野山真言宗・楞厳寺密教婦人会の御一行さま、大阪府・阿倍野区から来てくださいました御一行さまにも、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

062.jpg

さて、今時期は入梅にあたる季節でございますが、心まで空模様の影響に及ばされてしまってはおりませんでしょうか。
もし、そのようなときには、花々に癒しを求めるのもひとつにございます。今年も具足池・手水舎に「アジサイの花浮かべ」を開始してもおりました。サラ・スイレン・タイサンボクの花も、皆さまのお心を晴れ空へと繋ぐ橋渡しとなれるようにと咲き揃っておりました。ぜひ、活力をいただいきに来ていただければ本望にございます。

そのなかのアジサイ、語源のひとつには、「藍色の小さな花が密集して咲く」というものがございます。
真ん中部分が「真花」であり、外側部分は「装飾花(ガク)」であることを知っておりましょうか?
いくつもの小さな花たちが手を繋ぐかのような姿によって生まれる美しい姿からは、この花が持つ「友情・団結」という言葉を、身をもって私たちに伝えているかのようにも思えるのです。

人というのもまた、人と寄り添うことや助け合うことで、幸せが咲き広がっていくものにございます。
花浮かべをご覧いただく際には、その心を忘れずに、多くの皆さまと共有していただくことをお願い申し上げます。