花と緑と文化財 観光修行道場

大阪 池田 久安寺

〒563-0011 大阪府池田市伏尾町697

TEL・072-752-1857 FAX・072-754-1554

・お問い合わせ

・リンク

・管理画面

画像

  1. 桜門
  2. 本坊
  3. 榧(かや)の老木
  4. 鐘堂
  5. 御影堂
  6. 弥勒山森林浴巡拝コース
  7. 三十三所堂・阿弥陀堂
  8. 普供養の庭
  9. 本堂
  10. 虚空園
  11. 三光社
  12. 仏塔・舎利殿涅槃堂
  13. 地蔵堂 薬師堂

桜門(国指定重要文化財)・画像

桜門(国指定重要文化財)

久安寺参拝のこの楼門の金剛仁王尊からはじまります。
優雅な屋根の線は<水平のない軒反り>という技法が
創り出した美しさです。鎌倉期彫刻を偲ばせる仁王像
を中央親柱筋より後方に安置して前面を広く、その親
柱を高くして頭上を高くした<仏堂形式>は、三間一
戸の楼門をより壮大にしています。通路上の<かえる
またの意匠>の変化も楽しいものです。久安元年(11
45)の建立と伝え、近衛帝の勅額をかかげていますが、
昭和34年の解体調査で、室町初期に再建か大修理が行
われたものと推定されています。

本坊

楼門をくぐれば、苔をのせた石垣楓の老木が、古刹の
たたずまいを華麗にひきしめます。往時は、49院の
坊舎があり、小坂院が、現在本坊として残っています。
本坊玄関の間には教主大日如来を祀り、現在は寺務所となっています。

本坊・画像

榧(かや)の老木・画像

榧(かや)の老木

豊臣秀吉お手植えのかやの木。参拝の折、境内ア字山
にて月見をした記念に植えられたものだと伝えられていま
す。

ページトップへ

鐘堂

「はじめに真実あり、梵音となりて虚空に遍じ、心の耳
を驚かせて仏性を睲ます。歓喜の声常に新たなり。
」仏前に詣でる時、作法に従って撞いていただけます。

鐘堂・画像

御影堂(遍照殿)・画像

御影堂(遍照殿)

弘法大師を本尊として、神亀2年開祖の行基菩薩、久
安元年中興の賢実上人の三祖師像を安置しています。
この堂は、明治末年まで、現在の霊園である伽藍にあっ
たもので、大師草庵のこの地に移されました。 春、
秋の彼岸会、御影供が修せられ、 67番札所であります。

ページトップへ

弥勒山森林浴巡拝コース

四国八十八か所のお砂踏み巡拝霊場です。 境内山内一周1080メートル(約1時間)の山歩きが楽しめます。
御影堂右側わたりろうか下をくぐってお進み下さい。

三十三所堂(無量寿殿・西国霊場)

西国観音霊場を祀る。33メートルの須弥壇に、自宅仏
壇をもたない人の先祖霊、遺骨をお預かりお参りできる
慰霊壇を設けています。

三十三所堂(無量寿殿・西国霊場)・画像

阿弥陀堂(無量寿殿・文化財収蔵施設)

西の弥勒山を背に、高床式の文化財保存条件を満たし、
阿弥陀如来坐像(国指定重文)を本尊に、薬師如来立
像、釈迦涅槃図、 久安寺縁起三種しています(以上市
指定重文)、行基像、賢実像を祀り、資料を収蔵。常時
閉堂。

普供養の庭

無量寿殿の前庭は供養菩薩遊化の庭で、金剛界曼荼羅
供養教学の実践化を勧めて、供養の功徳を得ていただ
く哲学実践の 庭であります。花と緑の蜜雲、生命の尊
厳を拝む合掌槙、永遠の生命に導く弥勒石。五智如来のはたらきに目ざめる心字池。 生かし生かされる業を
讃える石舞台。楓の老木が無量寿を歌い、弘法大師ゆ
かりの光明泉が妙適の水を供養しています。 花をつけ
た木々の姿に供養天女を想い、庭石の上に供養菩薩の
姿が見えることでしょう。その時あなたも供養菩薩で
す。

普供養の庭・画像

本堂・画像

本堂

久安寺本尊千手観音のおわします観音堂であります。
聖武帝、御一条帝、近衛帝の勅願による本尊は、宮
殿に秘仏で、前士を拝むことができます。四天王中
増長天(市指定重文)は、藤原期の作風を伝えてい
ます。真言密教道場として五智如来に加接する修法
壇が祈りの中心となり、左右に曼荼羅 と不動明王、
弘法大師、八祖図像を奉祀しています。 修正会、(初
詣)、節分会、仏生会などが修され、仏前結婚式も
できます。結縁、安産、学業、繁盛の祈願所で、摂津
国三十三所霊場第 19番札所であります。

ページトップへ

虚空園

「虚空にバン字あり・・・」と本堂での修法瞑想。本堂北に広がる「バン字(こころ)池」を中心に花咲く庭。参道である
両果の道を はさんで、東にある小山を「ア字山」といい、庭園全域を虚空園と称します。

虚空園・画像

虚空園・画像

虚空園・画像

三光社

豊臣秀吉参拝の時、この三光大善神に祈願したと伝え、 日天、月天妙見尊星王と大宇宙の真理を司り、厄除開 運の大善神として信仰をあつめ 、久安寺の伽藍神であ ります。この三光社を祀る小山をア字山と呼び、秀吉 が月見の会を催したと伝えられています。今、本堂前 に 移された腰掛石は、もとこの山頂にありました。山 内を一望するため歴代の高僧も腰をおろしたと想われ ます。

仏塔・舎利殿涅槃堂・画像

地蔵堂・画像

伽藍跡朱雀池の辺りに霊園業務を兼ねて建てられまし たが、本尊の地蔵菩薩は、明治末年廃寺となった久安 寺別院菩薩寺の本尊で、 古くから多くの人々の祈りを 受け親しまれてきた僧形像であります。

本堂・画像

薬師寺(瑠璃光殿)

西方阿弥陀浄土に対して東方は薬師浄土。(密教では
阿閦如来の妙喜浄土。)阿弥陀堂に対面して阿閦薬師
如来立像を祀ります。 西国薬師霊場18
番礼所であります。葬儀法要など仏教徒の諸活動ができる仏教会
館を設けます。

ページトップへ